留学生のための ジャーナリズムの日本語 ―新聞・雑誌で学ぶ重要語彙と表現―

「首相の思惑は空振りに…」、「雀の涙ほどの天然資源を…」、「企業にとって耳が痛い声ほど有益で…」、「海外の企業は安さを武器に日本市場に…」などなど実際の新聞や雑誌記事で使用される表現を学ぶテキストです。これらのような本来と異なる意味で使用される慣用表現、「生保(生命保険)」「ベア(ベースアップ)」などの省略表現、「三種の神器」「団塊の世代」など社会的・歴史的な背景知識が必要となる表現など122件の記事から約150表現を学習でき、読解力を支える知識を拡充します。

補助教材

本書には以下の補助教材があります。 ユーザー登録後ログインすることでより便利にご利用いただけるようになります。
上部メニューの「ユーザー登録」より、氏名・メールアドレス・お住まいの地域を登録してください。

  • 学習補助ツール
    データ
    • 登録不要
    • 無料
    『留学生のためのジャーナリズムの日本語 -新聞・雑誌で学ぶ重要語彙と表現-』第1課~第3課「考えてみよう」アンダーラインのある語彙・表現の解説

留学生のための ジャーナリズムの日本語 ―新聞・雑誌で学ぶ重要語彙と表現―

留学生のための ジャーナリズムの日本語 ―新聞・雑誌で学ぶ重要語彙と表現―

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス

日本語専門書店

  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス