日本語文法演習 自動詞・他動詞、使役、受身 ―ボイスー

日本語文法演習シリーズは、上級レベルの日本語を適切に産出するために、文法をわかりやすく整理・説明し使い方の練習をするものです。本書では、「自動詞・他動詞、使役、受身」といったいわゆるボイスを扱っています。基本的な形と意味・機能を把握した後、文脈での使い方や類似表現との使い分けを学びます。例えば、
●新しいパンフレットが欲しいときに、主催機関などに「いつ出ますか」とは聞くが、「いつ出しますか」とは言いにくい。それはなぜか。
●「車を止める」と「車を止めさせる」では話者の捉え方はどう違うか。
●受身文を好んで使うのはどんなときか、あるいは使わない方が自然なのはどんな文脈か。
このようなことについても見ていきます。

レベル:中級後期から上級
類別:文法 使用時間目安:10~14時間
目標:上級レベルの日本語を適切に産出する。
構成:全3章…「自動詞・他動詞」「(さ)せる(使役)」「(ら)れる(受身)」

日本語文法演習 自動詞・他動詞、使役、受身 ―ボイスー

日本語文法演習 自動詞・他動詞、使役、受身 ―ボイスー

  • 著者:
    安藤節子 , 小川誉子美
  • 価格:1,300円+税

  • 判型:B5
  • 頁数:80頁

    別冊15ページ

  • ISBN:9784883191925

オンライン書店

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 凡人社
  • 大谷書店
  • そうがくしゃ
  • 日本語ブックス

関連書籍